フリーランスとホームページ制作

「ホームページ制作はじめました。」

ラーメン屋が冷やし中華を始めるように
ホームページ制作でフリーランスになる人は多い。

特に資格もいらないし
作って公開するだけならそんなに難しくない。
そりゃ増えるよなーっていう話。

 

ホームページ制作でフリーランスはウハウハ?

ホームページは、HTMLやCSSといった簡単なプログラミング言語(正確にはプログラミングですらない)
あと、フォトショップやイラストレーターといったソフトを使ってウェブデザインをして作っていく。

事業者は誰しもがホームページを持つ時代。
仕事はたくさんある。

うはうは!

なんて思ってホームページ制作を始めると痛い目を見る。

コーディングやウェブデザインはホームページ制作における一部分でしかないからだ。

 

ホームページ制作には落とし穴たくさんある

とりあえずサイト作れるようになったからフリーランスになっちゃった人に起きがちな落とし穴はたくさんある。

「サーバーの知識が乏しいがために公開時のトラブル」
「いつまで経ってもサイトの構成が固まらない」
「クライアントの要望を取りまとめられる膨らみ続ける要件」
「自分が出来ないところを外注してたら赤字になった」
「コーディング中にデザイン案がひっくり返る」

などなど
上記は、僕や僕の回りで実際に起こったことです。
フリーランスでホームページ制作を始めたばかりの頃はこんなトラブルが2~3件重なるだけで
キャッシュフローが焦げ付きます。

①トラブルが続いて入金が遅れる
②焦って無理して営業をかける
③トラブルで余裕がない状態で無理に案件を受けて更に炎上
④対応が追いつかなくて返金、失注などが発生

これが地獄の流れです。
油断すると割と起きます。

 

 

 

ホームページ制作でフリーランスとして上手くやるためには?

じゃあ、フリーランスで上手くやっていくためにはどうすればいいのか?

結論から言うと
「まずは、ホームページ制作会社で修行する」
ことがてっとり早いです。

僕は、アルバイトの時代も合わせると合計7年間ホームページ制作の会社で勉強させてもらいましたが、
もう、ほんと、山程トラブルや難しい問題にぶつかりました。

そのいくつかは、もしフリーランスの時に起きたら、廃業に追い込まれてもおかしくないレベルのものでした。

会社員だったら、同僚、先輩、社長と一緒に問題を解決してくれる仲間がいます。
守ってくれる会社があります。

会社は
「成功する方法」を学ぶ場所じゃなくて
「失敗する方法」を学ぶ場所だと思います。

沢山失敗すると、
色んな案件や人とあった時に
「なんか、やばいぞ」
と事前にリスクに対する鼻が効くようになります。

 

ホームページ制作は決して楽に稼げるわけじゃないけど

フリーランスでホームページ制作をするのは
決して楽じゃないです。

複雑な問題に直面することもあるし
ずっーーーーと勉強をしつづけないといけない。
土日や深夜の対応もある。

それでも、お客さんの事業や商品やサービスを
一緒になって考えて、形にして、世の中に生み出すのは
すごく楽しいです。

 

関連記事

  1. フリーランスと家族

  2. フリーランスと嫁と夕方

  3. 仕事部屋づくり

  4. 打ち合わせスペースをつくった!

  5. webディレクターと勉強

  6. 最近の若者は。

  7. ホームページ制作と帰る時間。

  8. 柔術の試合とフリーランス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP