量と質のはなし

「とにかく量をこなす」

昔何かをはじめて、早くうまくなるために必要なのは
「量」と教えてもらった。

写真が上手くなりたかったらとにかく撮る
文章が上手くなりたかったらとにかく書く
格闘技で強くなりたかったらとにかく練習する

根性論みたいだけど、大体あたってると思う。

「量をこなす」ことは
リングに上がるということだ。

写真の撮り方を本で学ぶよりも
実際に撮ってみた方が気づくことが多いし
文章も書きながら気づくことがとてもたくさんある。

実際、写真上手になりたいなーと思って
FUJIFILMのXT-4を買ってから今年だけで1万枚くらい写真を撮った。
家族写真からはじまり、空手の試合、クリエイティブ系のイベント、友人と遊びに行った時、ロケハン、仕事のサブカメラなどなど
撮って、撮って、撮りまくった。

そしたらいつの間にか、
「写真上手だねー」
って言われるようになった。

 

文章も書きまくって覚えた。
今年だけでブログ120本、依頼されて書いたコラムで30本合計150記事くらい書いた。

やはり
「量」をこなすことで「質」が上がるんだなと思う。

しかし、ここには落とし穴があって
「量」による「質」の向上はある程度で止まる。

そこから先は
「考える力」や「感性」や「発想力」なんかが必要になってくる。

文章も写真もデザインも
一流の人たちは「それだけ」を勉強しているわけじゃなく
様々な知識や経験を関連づけてオリジナリティを高めたりクオリティを向上させている。

そこから先は単純に量をこなせばいいというゲームじゃなくて
答えのない長い長い旅がはじまるのだ。

スペシャリストを目指す場合は、この旅をどこまで追求できるかが重要だと思う。
ジェネラリストの場合は、様々な分野で量をこなしてカンストした分野を増やし組み合わせシナジーを生み出すことが重要だ。

僕はジェネラリストの方だから
量でいけるところまで行ったら次のジャンルをはじめる。

スペシャリストもジェネラリストも一流を目指すなら、とんでもなく大変だ。

 

 

熊本でホームページ制作するならZOOTRIPPERへ!

ZOOTRIPPERは地元熊本に根ざしたホームページ制作を中心に
広告全般のご相談を受けてます!
お気軽にお問い合わせください!

お問合せはこちら

制作実績はこちら!

ホームページ制作やホームページを彩るオモシロコンテンツ制作まで幅広く制作しています。
ぜひ覗いてみてください!

制作実績

関連記事

  1. フリーランスと制作会社

  2. ディレクション勉強会

  3. 読書。仕事。思考。

  4. 最近の若者は。

  5. ディレクターのつくりかた。

  6. コミュニティの掛け算。

  7. フリーランスと新聞

  8. クリエイターとお金の勉強

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP