クリエイターとお金の勉強

フリーランスに大事なのはスキル!
コミュニケーション力!
人脈!

確かに、大事。
全部大事。

でも、見落としがちなすっげー大事なことがあります。
それが
「お金の勉強」
です。

 

お金の管理ができないと詰む

僕はフリーランス一年目。
「なんとかなるかぁ〜」
って感じで適当に経理をしてました。

その結果、
上げれる経費をほとんど計上せず
二重に売上を計上したり
もうめちゃくちゃな状態で確定申告をしました。

その結果、手元に現金は無いのに税金がエグいくらい上がりました。
例えば、会社員の頃、月に16000円くらいだった保険料が
30000円超え、住民税も倍。

独立したてで資金もランニングで入ってくる仕事も少ない中
この状況はかなりつらい状態になりました。。。

 

 

経理を勉強して確定申告を専門家にお願いする

痛い目をみた結果、経理の本を買って読みました。
それで多少、大枠は分かってきたんですが
それでも、とにかく「難しい」
色んなシチュエーションで解決策が変わってくるので
そのたびに調べてると時間も精神もすり減っていきます。

そこで、一緒に仕事をさせていただいてるモンブランさんの経理の方を紹介していただき手伝ってもらうことにしました。

そしたら、もう全然ちがう。
みるみる内に雑然としてた部屋が綺麗になっていく感覚。
そして、なによりきちんと経費計上をしたことで
税金も減り、源泉徴収も帰ってきた(初年度は源泉徴収の計上すらしてなかったw)

 

 

 

売上が1000万超えてくると

とりあえず、年末に近づいてくると経理の方に手伝ってもらって整理していくという
年末大掃除的な確定申告をしてたんですが
甘かった。。。。

売上がぼちぼちのときはよかったけど
とにかく忙しかった今期、年末大掃除形式でやろうとしたら
もう取り返しがつかないくらいのカオス状態。

消費税、所得税、住民税、保険料

合計300万近い税金が発生する可能性が。。。。。

めちゃくちゃ経理の人に迷惑をおかけしながら
なんとか解決策を考えてもらって
最終的に300万は回避

でも、ほんと回避できなかったらかなり厳しい状況になってたと思います。
せっかく、事業の調子がよくても税金の把握をしてないと
急ブレーキをかけてしまうことになります。

1000万を超えた辺りから絶対経理を専門の人にお願いしたほうがいいです。
支払った費用は何倍になって返ってきます。まじで。

関連記事

  1. ディレクターのつくりかた。

  2. ホームページ制作は食えなくなる?

  3. 仕事部屋づくり

  4. ホームページ制作40代定年説

  5. フリーランスと新聞

  6. ホームページ制作は知識の追いかけっこ

  7. 読書。仕事。思考。

  8. フリーランスとホームページ制作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP