ホームページの文章はどうやって準備すればいいの?

はい!今日もはじまりました!
ホームページ制作のよくある質問のコーナー!

今日のお題はこれ
「ホームページの文章はどうやって準備すればいいの?」

 

ホームページの文章を作る手段は大きく分けると3つあります。

1つ目は「自分で準備する」
お客さん自身が文章を書くのが得意であったり、社内で原稿を用意できる方がいらっしゃる場合は原稿を準備していただくケースもあります。僕の感覚では全体の3割くらいがお客様自身でご用意されているかなと思います。

2つ目は「弊社(ズートリッパー)で準備する」
文章は苦手だけど、予算も少なくて、、、なんとななりませんか、、、?
というパターンは僕の方でたたき台になる文章を準備することもあります。
そちらの原稿を元に修正変更をしていただく形になります。

3つ目は「プロのライターさんにお願いする」
最後はライターさんにお願いして、取材や調査を元に原稿を作成していただきます。
もちろん費用は発生しますがクオリティは上がります。

 

おすすめの方法はどれ?

予算感との相談になりますがズートリッパーとしては3つ目の
「ライターさんにお願いする」がおすすめです。

理由としては、
「ホームページの文章は数年に渡って読まれる」からです。

1と2の方法ですと、どうしても文章的におかしな部分や
会社の思いやサービスを伝えきれないことがあります。

ライターさんが入ることで、わかりやすく伝わりやすい文章になり
コンテンツの質も向上します。

仮に一日10人の人が訪れるホームページの場合
一年で3650人の人がその文章を読むことになります。
ホームページはリニューアルするまで5年は使用することが多いです。

その場合、18250人の人が文章を読むことになります。
それだけの人が読むと考えると文章に費用をかけることは初期費用はかかりますが
費用対効果の高い要素だと僕は思います。

 

 

熊本でホームページ制作するならZOOTRIPPERへ!

ZOOTRIPPERは地元熊本に根ざしたホームページ制作を中心に
広告全般のご相談を受けてます!
お気軽にお問い合わせください!

お問合せはこちら

制作実績はこちら!

ホームページ制作やホームページを彩るオモシロコンテンツ制作まで幅広く制作しています。
ぜひ覗いてみてください!

制作実績

 

 

 

関連記事

  1. できるだけ安く ホームページをつくりたい

  2. ホームページ制作費の中にあるディレクション費用ってなんのお金ですか?

  3. ホームページの月額費用ってなんのお金?

  4. ホームページの写真はカメラマンにお願いしたほうがいいの?

  5. ホームページに アクセス解析って必要なの?

  6. ホームページの維持費は年間どのくらい?

  7. ホームページのブログは いったい何を書けばいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP