犬を飼いたいなぁ

最近、散歩をするのが趣味になってまして
江津湖を一人で目的もなく歩いてるんですが
犬の散歩している人がたくさんいるんですよね。

最初は、なんとなく
「犬だなぁ」
ってすれ違ってたんですが

何度も何度もすれ違ってる度に
「犬ええなぁ〜」
ってなってきて

これはもう、広告でいうところの単純接触の原理。

今まで猫しか飼ってこなかった僕ですが
犬ってどんなもんなんやろ?と思ってペットショップのサイトを一通り見てみたんですが
犬種よっては40万近くするんですね。
なんかラブラブパックみたいなスマホのオプションみたいなのもつけると60~70万くらいになるではないですか

もうこれ僕が初めて買った車、中古エブリィが3台買えますね。

 

さすがに手が届かないなぁと諦めて
それからは定期的にペットショップのサイトを覗いて飼ったときのことを想像するという高度な楽しみ方をしていたんですが

たまに、とんでもなく安くなってるわんちゃんがいるんですよ

もともと30万円近くするわんちゃんが50000円とかまで下がってる。
異常に安い。スーパーの惣菜でもそんな割り引かないぞと
色々調べていたら

どうやら生後4ヶ月すぎると一気に価格が落ちるそうだ。
そして、一般的に世の中で言われる「子犬」のイメージと離れてしまう
そもそも生後8週間経たないとペットショップでは売れないから
2ヶ月〜4ヶ月になるまでの2ヶ月間が犬にとって一番売れるゴールデンタイムということになる。

 

とはいえ一ヶ月過ぎただけで四分の一くらいまで価格が下がるということは
ほとんどの人は「犬」がほしいんじゃなくて「子犬」がほしいんだなと思ってしまう。

さらに4ヶ月をすぎると価格を安くしても中々売れなくなる。
そりゃそうだ。ペットショップには比較検討されるぴちぴちの子犬がたくさんいる。

お父さんが5万円のわんちゃんを飼おうとしても他の家族が許さないだろう。

この価格の推移は神の見えざる手なんだろうけど
やっぱり残酷だなぁと感じてしまった。

ちなみにコロナの影響でリモートワークや自宅で過ごすことが増えたこと
動物愛護の規制が厳しくなったことが影響し
20年前の2倍近くまでペットの価格は高騰しているらしい。

しかし、個人的にこの影響は長くは続かないと思う。
リモートワークは確かに便利だけど、強制的にリモートワークを経験したことで
そのデメリットも感じた企業の揺り戻しが様々な場所で起きている。

不要な対面での打ち合わせは今後も減っていくと思うけど
会社に出社しない自宅での仕事というスタイルは一部の環境の人に限定されると考えられる(県外や主婦など)

そうなった時に、自宅にいる時間は激減して
わんちゃんの面倒を見ることができなくなった人がたくさん出てくるんじゃないかと考えてしまう。

無責任に勢いで飼ってはいけない生き物なのだ。
僕もきちんと勉強して、娘が小学生になるくらいにわんちゃんを家族に迎えるのが目標である。

 

 

 

 

熊本でホームページ制作するならZOOTRIPPERへ!

ZOOTRIPPERは地元熊本に根ざしたホームページ制作を中心に
広告全般のご相談を受けてます!
お気軽にお問い合わせください!

お問合せはこちら

制作実績はこちら!

ホームページ制作やホームページを彩るオモシロコンテンツ制作まで幅広く制作しています。
ぜひ覗いてみてください!

制作実績

関連記事

  1. 誰も知らない熊本動植物園の魅力。

  2. 仕事部屋を借りることにした。

  3. しごとはじめ。

  4. 人を悪く言わない

  5. 仕事部屋づくり

  6. 萌の里のコスモス畑

  7. フリーランスとリベラル・アーツ

  8. 頭の中の多様性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP