痛風と俺。

吾輩は痛風である。
現在進行系なのだが、
いたい。
いたい。

とてもいたい。

例えるならば
麻酔なしの歯の治療。

神経に直接アクセスされる感覚。

歩くたびに否応に反応する。

初日はまだよい。
腫れが大したこと無い。

2日、3日とボルテージが上がってしまうと手がつけられない。
ふっくら焼き上がったパンのようにパンパンになる。

そうなると、まず、靴が入らぬ。
靴紐外しても入らぬ。

クロックスは辛うじて入る。

が、クロックスの内側の内クロックスが患部に触れたとき
脳天に痛覚がハッキングしてくる。

あがーーーーーーーーー!!!!

この痛みは、大体1~2週間で無くなる。
それまではこの痛みと戦い続けるのである。

 

関連記事

  1. 熊本マーケティング研究所さんの勉強会で登壇させていただきました。

  2. 息子と友達とその家族

  3. AIでホームページ制作の仕事はなくなるか?

  4. 息子も爺になるほどの極寒の日にミルク牧場に行ったんだ。

  5. 最近の若者は。

  6. 仕事部屋づくり

  7. ズートリッパー1月の月報

  8. はじめての卒園式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP