ZOO TRIPPER 広告の旅のお供にズートリッパー

企業と、行政と、デザインと。

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春一番が吹き荒れるなか
自転車で訪れたのは城彩苑。 

一分咲きの桜を横目に
城彩苑で行われたセミナー
「企業と、行政と、デザインと。」へ行ってきました!

 

 

 

 

 

 

テーマは「企業と、行政と、デザインと。」

 

講師はこの方です。

【中村友香プロフィール】
1983年生まれ。広報デザイナー。福岡の制作プロダクションで勤務後、東日本大地震を機に 2015年松浦市に地域おこし協力隊として移 住 。現在 、松浦市役所政策 企 画課に所属し 、市の魅力発信 ・ 魅力創造事業「青の大学 」など広報業務を担当。また、福岡時代からK-ADCに所 属、運営委員を務める。昨年10月から今年1月にかけて、九州5県で行政と企業とクリエイターと でぶっちゃけ本音トークを交わすイベント“九州デザイン横丁”を企画・運営。150名以上の各地の方々やK-ADC会員の声を聞き、これからの地 方とデザインの関係を考え行動する一人。
=========================================

 

テーマは固いですが(笑)
実際の話はそんなことなかったです。

 

行政、企業、クリエイターと
各々のポジションにおける考え方の違い
それによっておきる衝突や解決のケーススタディなんかを優しい語り口で話して頂きました!

 

 

 

 

 

 

流れで一番前に座ってしまった

 

会場に入ると知っている人が何人も
コピーライター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナーと様々な業種の先輩方が来てました。

 

それだけでなぜか緊張していると。

 

「どうぞどうぞ!」

と案内の人に扇動されるがまま
センターの一番真ん中の席へ

 

メモ用にPCを開くのも緊張。
手汗で湿るMBP

 

AppleWatchマナーモードにしようとして
間違って「iPhoneを探す」を押してしまった為に
静寂の中で鳴り響く「つぃいいいいん!」という音。

 

そして、セミナーはJAM小山田さんの進行で始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

デザイン横丁って知ってる?

 

中村さんは九州を行脚して、
企業と行政とクリエイターをぶっちゃけトークさせる「デザイン横丁」という
中々ハードコアなイベントをされています。

 

大体にしてセミナーは先生対その他大勢の構図になりますし
あんまり空気が凍るような質問はできない雰囲気になります。

 

その壁を「ドカン」と壊して
フラットな空気で話し合おう!というイベントです。

 

すでに
鹿児島、福岡、佐賀、大分、長崎で実施されていて
各県とも通常ではあり得ない白熱した議論が展開されたそうです。

 

 

 

 

 

 

デザイン横丁で多かった質問ベスト3

 

第三位!
【行政】デザイン予算がつきません!
僕は行政の仕事はあまりしたことが無いのですが
行政の仕事では、まだまだ「デザイン」に対して予算を持ってくるのがとても難しいようで、担当職員がデザインやブランディング、事例をどんなに勉強したとしても決済者の承認が下りなければ実行することができない、というジレンマがあるようです。

 

 

 

第二位!
ロゴいくらでつくってくれますか?
クリエイティブの成果物は定価があってないようなものです。
ウェブもロゴも車や家と違って「モノ」として存在しない分、価値の振れ幅も人のモノサシによってかなり差がでます。
「ロゴひとつ5000円くらい?簡単なやつ!ちょちょっと!」
みたいなことはよくあります。
ウェブサイトで50万というと
「ボッタクリなんじゃない?」
っていう人もいます。

 

だた、それはその人達が悪いわけではなく
きちんと価値を説明していく必要があるというだけです。

 

中村さんの話の中で
東京から大分に移住したデザイナーが
「受注単価が十分の一になってしまった」
という話がありました。
つまり、デザイン費用は地域間格差がかなりあります。

 

中村さん自身も
移住した松浦市での仕事で報酬は現物払いなんてこともあったそうで、それでも信頼関係を築いていき、一緒に仕事を作っていくくらいの気持ちでともに歩くことが大事であると話していました。

 

 

 

第一位!
デザインってなに?

 

これは人によって様々な意見があるかと思います。
僕は前の会社で教わった
「問題解決の手段」
というのがしっくり来ました。

 

中村さんがそこで「デザイン思考」について説明されました。
実際、ロゴやウェブやグラフィックで成果物を生み出す場合、「制作する時間」というのは三分の一程度であり
残りの三分の二はヒアリングし課題を抽出し表現へ落とし込むまでの「思考」です。

 

その思考する時間を蔑ろにし
今流行りのものをバズらせる目的で大量の予算を投下し、仮に沢山の認知を広めたとしても、それは一体「誰のためのメッセージなのか?」ということになります。

 

自分の尊敬するマーケティングの先生が
「マーケティングとはラブレターを送ることだ」
と言ってました。

 

デザインも同様に、
相手のことをしっかりと考え抜いた成果物は必ず刺さる

 

例えとして

熊本は食べ物が美味しくていいとこ!
というメッセージを100人に伝える施策よりも

熊本のデコポンは世界一ウマイ!
と一人に伝える施策の方が

ターゲットの心に深く突き刺さり
その一人が多くの人に布教してくれると話されていました。

 

 

 

 

 

 

重要なのは選択と集中

 

デザイン横丁をしていて九州の中で一番議論が盛り上がり、デザイン感度が高く、行政、企業、クリエイティブが一体となってる県は鹿児島だそうです。

 

鹿児島は
「食とデザイン」
というテーマのもと三位一体でブランディングを行っていて実際、鹿児島には「食」を求めて多くの人が観光に来ています。(僕も鹿児島には食のイメージが強くあります)

 

デザインの成果物の質も高いそうです。

つまり、「食」を選択し
そこに資源を「集中」することで
尖り様々な人の心まで届くということです。

 

これはフリーランスにも言えるなーと感じました。
「何でもできます」っていうと以外と仕事来ないんですよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

大炎上。九州統一的ロゴマーク

 

年明け早々に大炎上したのが
「九州統一的ロゴマーク」
福岡市がweb上で「意見募集」したものですが
サンプルロゴのクオリティや
募集要項の分かりにくさ
意見なのかロゴ自体の応募なのか
などなど物議を呼んだ案件です。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kyushulogoiken.html

 

確かに、僕でも見た瞬間
「これは炎上するだろうなー」
と思いました。

 

 

セミナーでもこの話題になり
小山田さん、中村さんのこんな話がありました。
————————————————————————
この問題の重要な点は
サンプルロゴのクオリティや募集要項の分かりにくさではなく、「この内容を書かざる負えなかった仕組みにある」
つまり、様々なステークホルダーに向けて承認を取っていく工程を経ると、このような結果になってしまう。
オリエンの段階で、アートディレクターなり制作会社へ相談していればこのような結果にはならなかったと思う。
————————————————————————

 

 

つまり今回のテーマである
「行政、企業、デザイナー」の協力体制が取れていれば避けられた炎上ということです。

 

ミスが一瞬で拡散される時代において
この連携は重要度を増していると感じます。

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

クリエイターだけ、企業だけ、行政だけのセミナーは結構ありますが、三業種向けのセミナーは新鮮でした。
クリエイターだけでも
ウェブ、グラフィック、コピーライター、カメラマン、映像などなど
スタンスや年代によって全然意見が違ったりします。

 

そういった業種や年代の壁を取っ払ってフラットに相互理解ができるコミュニティやイベントは地方が特色を活かして生き残っていく上でとても重要だと感じました。

 

以上。
今回は真面目なズートリ野田でした。

自分のサイトのGoogleの検索結果がとんでもないことになってた話

制作日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん!
今の世、サービスや商品を広める上でウェブサイトは最重要なツールですよね!

 

しかし!

ただ作るだけじゃなくて
きちんとGoogleやヤフーで検索した時に
関連したキーワードで上位に表示されないと意味ないです。
それでは地図に載ってない島みたいなものです。

 

そのために、
今の僕のように地道にブログ書くのが大事なんですよ。
コツコツだけど確実に!

と、ブログを更新していた僕ですが
とんでもないことになってました。

 

 

 

どんなキーワードでサイトに訪れてるんだろう

Googleのサーチコンソールというツールがありまして
これは、ユーザーがどんなキーワードでサイトに訪れていて
そのキーワードで検索した時に何番目に表示されるか分かる便利なツールです。

そこで、このズートリッパーのサイトを調べてみました。
「熊本 ホームページ制作」で上位に表示されれば万々歳!

ただ熊本は自社サイトの検索エンジン対策が強い会社が沢山ありまして。
もう群雄割拠状態。
僕のような弱小サイトが上位に食い込むのは非常に難しいことは分かってるんで
期待せずに見てたわけですよ。

 

 

 

スクリーンショット 2017-03-25 23.34.28

 

 

小卒と親戚のおじさんて!

 

そう、あまりにもホームページ制作と関係ないことを書きすぎた為
このような結果になってしまったのだ。

 

 

ちなみに「熊本 ホームページ制作」では60位というカウントダウンTVでも放送されないくらい圏外だった。

くそう!

 

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

 

これで58位くらいにはなるかな。

 

 

みなさんもブログの更新お気をつけください。
(雑記ブログでも三回に一回くらいは自社の関連する記事にしたほうがいいですね)

誰も知らない熊本動植物園の魅力。

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うほうほ!
もうすぐ次女が生まれるズートリッパー野田です。

いつ生まれてもおかしくないので、休日は近場をウロウロする毎日。
そんな時にちょうど熊本動植物園が土日限定無料開演されるとのこと。

僕にとっては幼い頃から通った場所
さっそく家族で行くことにしました。

 

 

 

史上最大のふれあい

IMG_3828

この日、小動物たちは人生で一番ふれあいを求められた二日間だったろう。
通常主役である、ライオンやシロクマといった一軍選手が休場している今。
時代は彼らのものである。
延々と続く行列の先に、状況を把握できず戸惑うヤギと目があった。

 

 

 

 

 

にわとりにもあたる光

IMG_3827

僕はこの日はじめて知った。
動植物園でニワトリゾーンがあることを。
信じられないことに、そこも盛況だった。
だって庭で飼えるトリだぜ!
改めて見るとかっこいいニワトリの魅力に気づいた子どもたちが
キャッキャッ騒ぎながら鶏を指差している光景を見て
「諦めなければいつか認められる日がくる」
と勇気を貰えた気がした。
(アイフォン越しのニワトリの顔はどことなく自信に満ちあふれていた。)

 

 

 

 

全然関係ない話ですが
おふくろは僕の結納の時に、
嫁側の親戚の前で烏骨鶏のことを「コケッコッコ」と言った。

 

 

 

 

 

 

 

悲劇のバイキング

CIMG0766kz
昔、兄の友人に「ミッチー」という変わったヤツがいた。
小学校の頃、兄とミッチーと僕と数人の友人で動植物園に行った。
そして、バイキングに乗ることに。

 

兄はミッチーに「滑り台みたいなものだから」と言ってミッチーを乗せた。

 

そして悲劇は起こった。

 

徐々に左右に振れ始めるバイキング
僕はミッチーのとなりいた。

 
ミッチーは人相が全く分からないくらいギュウギュウに目をつむって
「ぎゅうぅううゥゥゥうぅゥゥゥっ!」
と奇声を発していた。

 

子どもながらに僕は
「やばい!ミッチーは死ぬかもしれない」
と思った。

 

兄は笑っていた。

 

走り出したバイキングは止まれない。
加速する振り子にミッチーの恐怖はマックスだ。

 

 

「きいゃあああああああぁああああ!!トトトトメロォオオオオ!!!」

 
無駄に高いオクターブで叫び続けるミッチーにまわりの乗客も笑いをこらえていた。

 

 

そして、永遠にも感じただろうバイキングが終わり
下り際にスタッフの人から一言
「きみ、女の子みたいだったね」

 

 

数分後、
「もう一回乗ろう」
と行った兄貴にブチギレて走って家に帰ったミッチー
今どこで何をしているんだろう。

 

そんな、思い出いっぱいのバイキング

IMG_3823
跡形も無くなっていた。
個人的にはこれが一番寂しかった。
あのいつ壊れてもおかしくないギシギシという音が好きだった。

 

 

 

 

世代を超越したプレイランド

IMG_3813IMG_3818

動植物園のプレイランド。
何がすごいかというと、息子が乗っているこのロボット。
同じくらいの歳に僕も乗っているのだ。

 

終わった後に鳴る
「バイバイマタネッ!バイバイマタネッ!」
というロボ声がなった時、
大好きだった親戚のじいちゃんばあちゃんと行ったプレイランドを思い出した。

 

 

 

乗り物の料金もめちゃくちゃである
30円で乗れるかと思えば200円だったりする。
IMG_3810

IMG_3805

半分以上が故障中で、おそらく今後なおる見込みも少ないだろう。
修理する人もほとんどいないだろうから、すっごい貴重なんじゃないだろうか?
と思う。

 

 

 

IMG_3812

引退した過去の子どもたちの夢の住人も傍らに佇んでいた。
この中の数台は乗った記憶があるから懐かしさが止まらない。

 

 

 

 

 

味のあることの強さ

僕は熊本動植物園の魅力は、この”どローカル感”だと思っている。
「大人も子供も楽しめる!」なんて使い古されたコピーでは言い表せない

 

・今にも壊れそうなジェットコースター
・なぜチョイスした?と立ち止まる動物たち
・20年前からタイムスリップしてきたようなフードコート
・レトロを越えてコレクションレベルのプレイランド

 

そして何より
「じぶんが子供の頃に笑った場所で、息子が笑ってる」
それが何よりも魅力だと思うんです。

 

イノベーションは大事だけど
できるならリノベーションで
古きを残しつつ価値を高めていってほしいなと思います。

 

ほんと動植物園が無くならなくてよかったな〜

会社を辞めて半年、変わったこと。わかったこと。

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ズートリ野田です!

早いものでもう一月が終わろうとしてます。

気づけば会社を退職して約半年。
止まらない特急列車に乗っているように過ぎ去っていきました。

この半年間で変わったこと、わかったことを書きたいと思います。

 

 

 

 

フリーランスになってちょっとゆっくりしようかな

IMG_3578

そんなふうに思っていた僕。
青春18切符なんぞ買って一人旅とかもいいなぁ〜
一日中漫画喫茶なんてのもアリだなぁ〜

色々と贅沢な時間の使い方を考えていました。

 

いやはや
フリーランスはそんなに甘くはありません。
やめてすぐに色々な方から仕事の連絡を頂き
独立して最初の1ヶ月が一番大事だと気づきました。

例えるなら最初の僕は試食販売されている新商品。
一口食べて「まずい」と思われれば、
金を払って買う人なんて一人もいない。

 

いかに自分は美味しい商品か!ということをきちんと伝える必要があります。
「いつ、どこで、なにを、いくらで」
そこが明確になっていなければチャンスが訪れても手の間からどんどんすり抜けていきます。

 

そして僕は考え方を変えました。
「きちんと食えるようになってから一人旅も漫画喫茶も行こう」

 

 

 

 

なんでも自分でやることの大変さ
IMG_3340

営業して
打ち合わせして
見積もりつくって
また打ち合わせして
やっとデザインして
コーディングして
請求書つくって

 

会社員時代とはやることの多さが数倍に膨れ上がりました。
しかも、見積書ひとつとっても要領が悪くてめっちゃ時間がかかります。

 

ヒーヒー言いながら暑い夏を過ごしました。

でも、これらの苦労よりも一番たいへんなのが
「判断」することです。

 

会社員の頃は、社長や取締役の方々の決めた経営判断に従って
上司の指示を聞き、仕事をする。
というのが流れでした。

 

フリーランスになると、社長の行っていた
「経営判断」を僕自身が行わなければいけない

 

これが悩む
すっごい悩む

 

数百万のコンペの話とか来た時
飛びつきたい気持ちを抑え
本当にキャッシュフローが回るのか?
制作するチームはいるのか?

 

そんな事を考えながらひとつひとつ判断していく必要があります。
仕事の方向性や
誰と一緒に仕事をしていくべきか?
10年後はどんな会社にしたいのか?

 

今までやってきたwebデザイナーとしての仕事とは全くの別物です。

 

建物の中に入っていると、その物の大きさに気づかない
フリーランスになって初めて判断のプレッシャーに気づきました。

 

今になって昔、社長に怒られたことや
言われたことを思い出してました。
一人でも重圧を感じるのに今の自分に数十人の人生を背負った判断は考えられない!
尊敬しかないです。

 

 

 

すぐにパンクするオンボロ

 

IMG_3627

一人でやってると、すぐに仕事量がパンクします。

まさに256MBのSDカード。

でも、断るのが怖い!

昔読んだ本に、
普段買っている日用品がブランドチェンジされる瞬間って

「売り切れている時」と書いてありました。

仕事を断るということは「今売り切れ中です」と言っているようなもんです。

 

 

僕が売れっ子フリーランサーなら、そういう選択もアリかもしれませんが

まだまだ爪楊枝みたいなヤリで戦っている僕、

そんなやつに仕事断られたら連絡した人も

「せっかく連絡したのになんやこいつ!」って思うかもしれない!

 

そうして、どんどん仕事を受けてたらパンク寸前まで、いやパンクしました。

そんな時、先輩からもらったアドバイスをいただきました。

 

「仕事が溢れるほどあることはいいこと!野田くんに期待してくれる人がそれだけ沢山いるってことじゃん。大事なのは溢れた仕事をうまくディレクションしてチームを組んで期待に答えていくこと。全部一人でやる必要ないよ」

 

気持ちがフッと軽くなりました。

一人でやってるドラマなんてない

気づけば一人芝居でバタバタしてたことに気づきました。

 

 

 

 

 

ディレクションを貪欲に学び続けること

IMG_3526

ディレクターはただお客さんと打ち合わせしてスケジューリングするだけが仕事じゃないです。

良いデザインを判断するためにはデザインについて厳しい目が必要ですし

カメラマンさんに撮影を依頼するときは必要な写真を的確に指示する知識と経験

ライターさんなら文章

プログラマーさんならプログラム

全てのジャンルにおいて一定の知識と判断する目が必要です。

 

そして、一番大事なのが

「サイトの設計」

クライアントとしっかり話して、何が必要で何を伝えたいか?

それはお客さんに必要とされているか?

とことん話し合った上で

サイトの設計図をつくる能力が必要です。

そのためにはUI、UX、マーケティングにブランディング。

もっともっと勉強することが山ほどあります。

 

 

 

あっという間の半年でした

IMG_3697

正直フリーランスは向き不向きがあるなと感じました!

あんまり気にしすぎると眠れない夜が続くし

貯金がどんどん無くなっていく恐怖はほとんどホラー映画です。

でも、家族と過ごす時間が増えたり

成功も失敗も全部自分の責任で仕事ができます。

すっごい成長します。

きっと次の半年もあっという間だと思いますが

そのスピードに負けないように成長したいと思います。

 

ことしもどうぞズートリをよろしくお願いします!

 

 

 

年末に襲ってくるもの

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずぅ〜〜〜〜と!立派ぁああ!!!!
弱肉強食なんのその!アニマル野田です!

 

 

なんか、記事の入りにこんな感じでキャラ作りするといいって
本に書いてあったのでやってみました。

 

 

ウザいですか?

 

 

さて、今日のお題は
「年末に襲ってくるもの」
です。

 

 

僕はフリーになってから初めての年末。
まさにフロンティアを一人歩いている気分です。
忙しいけど楽しい!そんな毎日を送ってます!

 

 

 

—コンコン—

 

 

 

あれ?誰か来たみたい。
こんな夜遅くに一体誰だろう?
どうぞ!

 

 

「やぁ僕は納期!君がこんなブログ書いてる間もどんどん君を追い詰めていくよ!ハハッ!」

 

 

 

ヒィ!
しかも一人じゃない?!
後ろに大きいのから小さいのまで沢山いる!?

 

 

 

「気づいたかい?僕らひとりじゃない、きっと君に利益をもたらすよ!
でも約束を守らない人は嫌いだよ。そんなヤツは干すからね」

 

 

 

は、はい納期さん
なんかすみませんでした。
どうぞコーヒー入れたのでゆっくりしていってください。

 

 

 

「ハハッ急げ急げ!」

 

 

 

 

 

 

—-コンコン——

 

 

 

 

 

 

あれ?また誰かきたみたいだ

 

 

「オラ忘年会!君の弱い胃と肝臓を貸してくれよぉ」

 

 

クッ!もう12月に入ってから5回も貸してるじゃないか!

 

 

「あと5回はくるよぉ」

 

 

こいつと遊ぶのは楽しいけど
それ故に次の日のダメージが激しいんだ!

 

 

「幹事もしてくれよぉ」

 

 

もうこれ以上幹事はできないよ!
僕は記憶力が弱いから誰を呼んだのか分からなくなって
関係ない忘年会に関係ない人へメッセージ送ったりするんだから!

 

 

「じゃあ来月新年会をつれてくるねぇ〜」

 

 

 

 

 

 

 

—-コンコン—–

 

 

 

 

 

「ねぇ私、年賀状。なんでいつもギリギリにしか連絡してくれないの?」

 

 

あ!忘れてた!
師走の忙しさにかまけていつも後回しになってごめん!
しかも忙しい時に限ってプリンターが壊れたりしてごめん!

 

 

「あなたの手抜き年賀状なんてすぐ作れるでしょ?大したアイデアもないくせに」

 

 

(なんだこいつ。ドSか?)

 

 

 

 

 

—-コンコン—–

 

 

 

 

「あたすは年末特番でっせ!おもろいでぇ〜」

 

 

くっ俺の集中力そ削ぐな!帰れ!

 

 

「今年は格闘技もやりまっせ〜」

 

 

わ〜!!聞きたくない聞きたくない!

ミルコとシウバが戦うとか知りたくなーい!

 

 

 

 

 

 

 

—-コンコン——

 

 

 

 

「こんちわーSNSでーす」

 

やめろー!プッシュ通知するな!気になるやろがー!

 

 

 

 

 

 

 

 

—-コンコン——

 

 

 

 

「すいません突然の睡魔です」

しょうもないこと言ってるんじゃないよ!帰れー!

 

 

 

 

 

 

 

—-コンコン—–

 

 

 

 

「あ、どうも痛風発作です」

 

 

お前はマジでくるな
ほんとに、詰むから。

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 

—-コンコン—–

 

 

 

 

 

 

 

「またせたな。正月だ」

 

 

 

 

 

フリーランス一年目
忙しいけど無事あなたに会えるように
頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—-コンコン—–

 

 

 

 

 

 

 

「ぱぱ〜」

むすこはいつでもかわいい。

p1990890

 

  • 結婚相談所むつみ会