ZOO TRIPPER 広告の旅のお供にズートリッパー

はじめてのゴールドジム

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に数え切れないほど存在するフィットネスジム。

 

体力をつけたい人
フィットネスで引き締めたい人
体を鍛えてかっこいい体になりたい人
そんな目的で入ることが多い。

 

ゴールドジム。
ここは例えるならジム界の東大。
ガチムチが日々己の肉体を限界まで鍛え抜く筋肉の楽園。

 

つい先日
ゴールドジムに通っている友人から連絡があった。
「のだくん、ゴールドジムに無料で1日体験できるんだけど来る?」

 

 

 
「アイムマッスル」
僕は即答した

 

 

当日
街中にあるゴールドジムに行くために
近くの有料駐車場に車を止め友人に連絡した。

 

 

「先にトレーニングしているから入ってきてくれ」

 

 

 

そう、彼は約束の1時間前にジムに入りトレーニングを開始していた。
生粋のマッスルボーイだ。

 

 

 

ジムに入ると可愛らしい受付の女性いた。
彼女は受付業務をこなしつつ
ひっきりなしに訪れるマッスラー達にプロティンを提供していた。
普通に生きていたら見られない光景である。

 

 

マッスラー
プロテイン
マッスラー
プロテイン
マッスラー

 

 

 

彼らはタンパク質の集合体であるプロテインを
実に嬉しそうに飲んでいる。

 

 

 

僕に気づいた受付の子は
簡単な説明のあと
「ロッカールームはインストラクターが案内しますのでしばらくお待ち下さい」
と告げた。

 

 

 

僕は静々とマッスラーとプロテインのルーティンを眺めていた。

 

「お待たせしました」

 

僕の前に現れた男は
明らかに人間離れした肩幅であった。

5449f25d
一言で言えば正方形。

縦横比5:5である。

 

 

「ロッカールームはこちらです」

 

 

後ろをついて行きながら
彼がドアを通る度に
「つっかえたら面白いのになー」
なんて思っていた。

 

それほどの肩幅であった。
間違いなく日常生活に支障がでるレベルだ。

 

 

ロッカーで着替えた僕は
友人とトレーニングを始めた。

 

 

週6でゴールドジムに通う友人は
自分の家のようにジム内を知り尽くしていた。

 

 

コンサル業を生業としている彼は
トレーニングもとてもロジカルだ。

 

 

 

「今日は上半身を追い込もうか」

友人はそういうと
デットリフトというトレーニングを始めた。

 

初めて十数分で僕の背筋はぶっ壊れた。
追い込まれてうつ病の新入社員みたいになった。

 

 

そしてまだまだ元気な友人は
「次は胸を追い込もう」

 

 

そういうと颯爽とベンチプレス台へ向かった。
10キロから始まり
徐々に重くなっていく重量。
60キロに達した時であった。

 

 

(タ、タスケ、テ、、)

 

 

胸筋の声が聞こえた気がした。

 

 

 

全く胸に力が入らなくなり僕の意志とは反して勝手に
胸がピクピクと動く。

 

 

友人は時間と共に生き生きとジム内の様々なトレーニングを行う。
彼は7時から2時間ほぼ毎日このトレーニングを行っているそうだ。

 

 

まわりを見渡すと
おじいさん、外人さん、ギャル、ガチムチ・・・
多種多様な人が一心不乱にトレーニングをしている。

 

 

僕のとなりにいた
メガネをかけた優しそうな顔をした若者は
満面の笑みで鏡の前で筋肉の確認をしていた。
顔と体のギャップがありすぎて
Photoshopで無理矢理合成したみたいだった。

 

 

彼は、人が通る度に
「オツカレサマデェスッ!」
と発していた。

 

 

ベンチで追い込んだ僕は
途中から友人の話している内容も分からなくなった
「コノトレーニングハスタビライザーガキョウカサレルカラネ」

 

 

 

2時間ガッツリトレーニングが終わり
友人がプロティンを奢ってくれた。
ゴールドジムでは食券を買いプロテインバーでプロテインを作ってもらえるシステムなのだ。

よく冷えたプロテインを口にした時だった。

 

 

 

(アリガトウ)

 

筋肉の声が聞こえた。

 

 

 

 

ギリギリまで追い込んだ時にだけ聴こえる筋肉の声。
筋肉は友達。

 

 

そう、僕はタンパク質と一緒に友人から無言のメッセージを受け取ったんだ。

 

友人に感謝を告げ
僕はジムを後にした。

 

 

とても晴れ晴れとした気分で
車にのった。
今日の昼ごはんは肉を食べよう!
きっと筋肉も同じ気持ちだろう!

 

 

 

 

駐車場を出ようとしたその時だった。

 

 
「駐車券がない」

 

 

 

 

 

 

どこを探してもない。
僕が筋肉に夢中になっている間に紛失してしまった。

 

 

 

 

どうしようもないので
「紛失ボタン」を押した。

 

 

 

 

 

 

「料金は150000円です」

 

 

 

 

 

 

 

そう。世の中には筋肉で解決できないことが沢山あるのです。

 

 

 

 

 

※ちなみに管理会社に電話したら監視カメラで入庫を確認してくれて正規料金で大丈夫でした。(高額なのは悪質な人向けらしいです。)

 

 

 

 

熊本のホームページ制作、コンテンツマーケティングはズートリへ!

鬼太郎に出てきたヤバイ妖怪TOP5

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんGW楽しく過ごしていますか?

そんなあなたのうしろにいるかもしれません

 

 

妖怪が、、、、、

こわいですね〜

こわいですね〜

見てくださいこの鳥肌っ!うわ〜怖いですね〜

 

 

暑くなってきたこの時期にひんやりする記事をお送りしたいと思います。

 

 

 

 

 

【鬼太郎にでてきたヤバイ妖怪TOP5】

うちの息子、Watchじゃない方の妖怪にハマっています。
そうゲゲゲの鬼太郎です。
僕のゲオのレンタル履歴は鬼太郎で埋め尽くされ
息子のライフスタイルはゲゲゲのライフです。

 

そんな鬼太郎。
何十話と見ていると
「考えたやつ頭おかしいんじゃないか?」
と疑う妖怪が出てきます。

 

今日はそんな視聴者を戸惑わせる本物の妖怪を紹介したいと思いおます。

 

 

 

第5位 まくらがえし

IMG_4050

寝ている人のまくらを
くるりん、と
返す妖怪。

 

もうそれだけで「イラッ」とする妖怪。
そして、「それだけ」なのが更にイラッとする。

 

妖怪としてもう少し仕事をして欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位 あぶらすまし

IMG_4053

森で歩いていると、突然
「ここにいるぞぉおおおお!」
と言い驚かす妖怪。

 

それだけである。
「油」も「すまし」も全く無視した設定
妖怪としての使いにくさ
ビジュアルも人間か小さいおっさんか分からない。

 

ちなみに天草出身の妖怪だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位 あずきあらい

 

IMG_4054

しょきしょき
しょきしょきと
日々あずきを洗い続ける妖怪。

 

話しかけると川に突き落とすという。
見た目は某有名写真家のようだが
何ともやっかいな妖怪である。

 

アニメでは小豆ばばあと小豆はかりと一緒に小豆連合を組み
世の父母達に蓮コラ並に深いトラウマを残す回を生み出した罪深き妖怪だ
「小豆連合」の画像検索結果
(まじで気持ち悪かった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位 あかなめ

IMG_4049

風呂の垢を舐めるという狂った変態妖怪である。
チャッキーのような姿で風呂上がりの風呂場で垢をペロペロと舐めるそうな。

 

この妖怪の罪深い所は
我が息子が真似をして何でも舐めるようになったことだ。

 

朝起きると息子が僕の顔を「あかなめ〜」とささやきながら舐めていた。
僕の顔は汚い風呂と同義なのだろうか?
罪深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位 ち◯ぽ
「鬼太郎 ちんぽ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

みなさんも懐かしくなって鬼太郎みたくなったでしょう!
これから暑い夏が来ます。
妖怪の話で涼しくなりませんか?

 

 

 

 

熊本のホームページ制作、コンテンツマーケティングはズートリへ!

 

業界やりすぎ専門用語列伝

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんこんにちは
ズートリッパー野田です。僕の仕事はホームページを作ることです。
その前は広告代理店におりまして
かれこれ業界7年目に突入いたしました。
この業界、様々な略語、横文字の専門用語が飛び交います。
その中から「それはさすがにやりすぎだろう」と思った専門用語をまとめてみました! 

 

 

 

 

それ!ベストプラクティス!

 

Googleさんのおかげで、結構カタカナ用語は知っていた僕ですが
このフレーズを言われた時まったく理解できませんでした。
しかし、中々良い笑顔で言われたので
僕も「へ、へぇありがとござんしゃすぅ」とへりくだってしまったのを覚えています。

 

 

【たぶんあってる訳】
それが一番いい方法だよ!

 

 

 

 

 

 

 

そのスキームでPDCA回してコンバージョンできますか?

 

専門用語の複合技ですね、
組み合わせることで意味不明具合が飛躍的に向上します。
格闘技で言えば、「下段で視線をそらしてヒザ蹴りのフェイントから左上段できますか?」といったところでしょうか?

 

 

【たぶんあってる訳】
そのやりかたで改善を行って目的を達成できますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で言えば俺の仕事はバズなんだよ

 

カッコよく言った所で意味が伝わらないと寂しいです。
おそらく決め台詞で温めてきた元気玉だったフレーズも桜と一緒に散っていきます。
「みんな知ってるだろう」という業界人の罠が産んだ悲劇です。

 

 

【たぶんあってる訳】
一言で言えば俺の仕事は流行をつくることなんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

全てのステークホルダーのゴールをコミットするソリューションビジネスです。

 

横文字って文字にするとなんかかっこよく見えるんですね。
その罠に引っかかってしまうと、顧客に対するメッセージのはずが気づくとラップの歌詞みたいになっちゃいますよ。
あとコミットっていうとライ◯ップの味わいが強くなるのでおすすめしません。

 

 

 

【たぶんあってる訳】
全ての利害関係者の目的達成を約束する問題解決が仕事です。(意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から二時間ゴールドジムで鍛えてから出社してるけど?

 

凄まじい肉体意識の高さ。
おそらく早朝に起きて朝型のマッスラーと肩を並べるのだろう。
しかし、朝からジムに行く人はコンサルや外資系に多い。
一般人には理解し難い言葉という意味ではこれも一種の業界用語だろう。

 

 

 

【たぶんあってる訳】
朝から熊本トップクラスに筋肉が発達している人が集まる場所で体を鍛えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前のPCにハッキングしてSSDガタガタにしてやろうか?

 

もし次世代のサイバーヤンキーが喧嘩する時に発するフレーズはこんな感じではないでしょうか?
もしくは「おめぇのSNSアカウント乗っ取って人間関係ガタガタにしてやろうか」の方が今っぽいかもしれませんね!

 

 

 

【たぶんあってる訳】
君のパソコンに違法侵入して中の情報をめちゃくちゃにしてあげようか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

振り返ってみたらまったく役に立たない記事ですね!
(関係各位へこの記事は仕事の息抜きに20分程度で書かれた記事です。)

 

 

 

企業と、行政と、デザインと。

ズートリ日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春一番が吹き荒れるなか
自転車で訪れたのは城彩苑。 

一分咲きの桜を横目に
城彩苑で行われたセミナー
「企業と、行政と、デザインと。」へ行ってきました!

 

 

 

 

 

 

テーマは「企業と、行政と、デザインと。」

 

講師はこの方です。

【中村友香プロフィール】
1983年生まれ。広報デザイナー。福岡の制作プロダクションで勤務後、東日本大地震を機に 2015年松浦市に地域おこし協力隊として移 住 。現在 、松浦市役所政策 企 画課に所属し 、市の魅力発信 ・ 魅力創造事業「青の大学 」など広報業務を担当。また、福岡時代からK-ADCに所 属、運営委員を務める。昨年10月から今年1月にかけて、九州5県で行政と企業とクリエイターと でぶっちゃけ本音トークを交わすイベント“九州デザイン横丁”を企画・運営。150名以上の各地の方々やK-ADC会員の声を聞き、これからの地 方とデザインの関係を考え行動する一人。
=========================================

 

テーマは固いですが(笑)
実際の話はそんなことなかったです。

 

行政、企業、クリエイターと
各々のポジションにおける考え方の違い
それによっておきる衝突や解決のケーススタディなんかを優しい語り口で話して頂きました!

 

 

 

 

 

 

流れで一番前に座ってしまった

 

会場に入ると知っている人が何人も
コピーライター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナーと様々な業種の先輩方が来てました。

 

それだけでなぜか緊張していると。

 

「どうぞどうぞ!」

と案内の人に扇動されるがまま
センターの一番真ん中の席へ

 

メモ用にPCを開くのも緊張。
手汗で湿るMBP

 

AppleWatchマナーモードにしようとして
間違って「iPhoneを探す」を押してしまった為に
静寂の中で鳴り響く「つぃいいいいん!」という音。

 

そして、セミナーはJAM小山田さんの進行で始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

デザイン横丁って知ってる?

 

中村さんは九州を行脚して、
企業と行政とクリエイターをぶっちゃけトークさせる「デザイン横丁」という
中々ハードコアなイベントをされています。

 

大体にしてセミナーは先生対その他大勢の構図になりますし
あんまり空気が凍るような質問はできない雰囲気になります。

 

その壁を「ドカン」と壊して
フラットな空気で話し合おう!というイベントです。

 

すでに
鹿児島、福岡、佐賀、大分、長崎で実施されていて
各県とも通常ではあり得ない白熱した議論が展開されたそうです。

 

 

 

 

 

 

デザイン横丁で多かった質問ベスト3

 

第三位!
【行政】デザイン予算がつきません!
僕は行政の仕事はあまりしたことが無いのですが
行政の仕事では、まだまだ「デザイン」に対して予算を持ってくるのがとても難しいようで、担当職員がデザインやブランディング、事例をどんなに勉強したとしても決済者の承認が下りなければ実行することができない、というジレンマがあるようです。

 

 

 

第二位!
ロゴいくらでつくってくれますか?
クリエイティブの成果物は定価があってないようなものです。
ウェブもロゴも車や家と違って「モノ」として存在しない分、価値の振れ幅も人のモノサシによってかなり差がでます。
「ロゴひとつ5000円くらい?簡単なやつ!ちょちょっと!」
みたいなことはよくあります。
ウェブサイトで50万というと
「ボッタクリなんじゃない?」
っていう人もいます。

 

だた、それはその人達が悪いわけではなく
きちんと価値を説明していく必要があるというだけです。

 

中村さんの話の中で
東京から大分に移住したデザイナーが
「受注単価が十分の一になってしまった」
という話がありました。
つまり、デザイン費用は地域間格差がかなりあります。

 

中村さん自身も
移住した松浦市での仕事で報酬は現物払いなんてこともあったそうで、それでも信頼関係を築いていき、一緒に仕事を作っていくくらいの気持ちでともに歩くことが大事であると話していました。

 

 

 

第一位!
デザインってなに?

 

これは人によって様々な意見があるかと思います。
僕は前の会社で教わった
「問題解決の手段」
というのがしっくり来ました。

 

中村さんがそこで「デザイン思考」について説明されました。
実際、ロゴやウェブやグラフィックで成果物を生み出す場合、「制作する時間」というのは三分の一程度であり
残りの三分の二はヒアリングし課題を抽出し表現へ落とし込むまでの「思考」です。

 

その思考する時間を蔑ろにし
今流行りのものをバズらせる目的で大量の予算を投下し、仮に沢山の認知を広めたとしても、それは一体「誰のためのメッセージなのか?」ということになります。

 

自分の尊敬するマーケティングの先生が
「マーケティングとはラブレターを送ることだ」
と言ってました。

 

デザインも同様に、
相手のことをしっかりと考え抜いた成果物は必ず刺さる

 

例えとして

熊本は食べ物が美味しくていいとこ!
というメッセージを100人に伝える施策よりも

熊本のデコポンは世界一ウマイ!
と一人に伝える施策の方が

ターゲットの心に深く突き刺さり
その一人が多くの人に布教してくれると話されていました。

 

 

 

 

 

 

重要なのは選択と集中

 

デザイン横丁をしていて九州の中で一番議論が盛り上がり、デザイン感度が高く、行政、企業、クリエイティブが一体となってる県は鹿児島だそうです。

 

鹿児島は
「食とデザイン」
というテーマのもと三位一体でブランディングを行っていて実際、鹿児島には「食」を求めて多くの人が観光に来ています。(僕も鹿児島には食のイメージが強くあります)

 

デザインの成果物の質も高いそうです。

つまり、「食」を選択し
そこに資源を「集中」することで
尖り様々な人の心まで届くということです。

 

これはフリーランスにも言えるなーと感じました。
「何でもできます」っていうと以外と仕事来ないんですよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

大炎上。九州統一的ロゴマーク

 

年明け早々に大炎上したのが
「九州統一的ロゴマーク」
福岡市がweb上で「意見募集」したものですが
サンプルロゴのクオリティや
募集要項の分かりにくさ
意見なのかロゴ自体の応募なのか
などなど物議を呼んだ案件です。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kyushulogoiken.html

 

確かに、僕でも見た瞬間
「これは炎上するだろうなー」
と思いました。

 

 

セミナーでもこの話題になり
小山田さん、中村さんのこんな話がありました。
————————————————————————
この問題の重要な点は
サンプルロゴのクオリティや募集要項の分かりにくさではなく、「この内容を書かざる負えなかった仕組みにある」
つまり、様々なステークホルダーに向けて承認を取っていく工程を経ると、このような結果になってしまう。
オリエンの段階で、アートディレクターなり制作会社へ相談していればこのような結果にはならなかったと思う。
————————————————————————

 

 

つまり今回のテーマである
「行政、企業、デザイナー」の協力体制が取れていれば避けられた炎上ということです。

 

ミスが一瞬で拡散される時代において
この連携は重要度を増していると感じます。

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

クリエイターだけ、企業だけ、行政だけのセミナーは結構ありますが、三業種向けのセミナーは新鮮でした。
クリエイターだけでも
ウェブ、グラフィック、コピーライター、カメラマン、映像などなど
スタンスや年代によって全然意見が違ったりします。

 

そういった業種や年代の壁を取っ払ってフラットに相互理解ができるコミュニティやイベントは地方が特色を活かして生き残っていく上でとても重要だと感じました。

 

以上。
今回は真面目なズートリ野田でした。

自分のサイトのGoogleの検索結果がとんでもないことになってた話

制作日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん!
今の世、サービスや商品を広める上でウェブサイトは最重要なツールですよね!

 

しかし!

ただ作るだけじゃなくて
きちんとGoogleやヤフーで検索した時に
関連したキーワードで上位に表示されないと意味ないです。
それでは地図に載ってない島みたいなものです。

 

そのために、
今の僕のように地道にブログ書くのが大事なんですよ。
コツコツだけど確実に!

と、ブログを更新していた僕ですが
とんでもないことになってました。

 

 

 

どんなキーワードでサイトに訪れてるんだろう

Googleのサーチコンソールというツールがありまして
これは、ユーザーがどんなキーワードでサイトに訪れていて
そのキーワードで検索した時に何番目に表示されるか分かる便利なツールです。

そこで、このズートリッパーのサイトを調べてみました。
「熊本 ホームページ制作」で上位に表示されれば万々歳!

ただ熊本は自社サイトの検索エンジン対策が強い会社が沢山ありまして。
もう群雄割拠状態。
僕のような弱小サイトが上位に食い込むのは非常に難しいことは分かってるんで
期待せずに見てたわけですよ。

 

 

 

スクリーンショット 2017-03-25 23.34.28

 

 

小卒と親戚のおじさんて!

 

そう、あまりにもホームページ制作と関係ないことを書きすぎた為
このような結果になってしまったのだ。

 

 

ちなみに「熊本 ホームページ制作」では60位というカウントダウンTVでも放送されないくらい圏外だった。

くそう!

 

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

熊本 ホームページ制作!

 

これで58位くらいにはなるかな。

 

 

みなさんもブログの更新お気をつけください。
(雑記ブログでも三回に一回くらいは自社の関連する記事にしたほうがいいですね)

  • 結婚相談所むつみ会